異なるワクチンの接種間隔の見直しについて

最終更新日:2020年9月24日 ページ番号:03403

令和2年10月1日より、異なるワクチンの接種間隔が一部変更されます。

異なるワクチンの接種間隔の変更の概要

従来は、異なるワクチンを接種する場合、接種してから次のワクチンを接種するまで、一定の間隔をあける必要がありました。

このたび、「定期接種実施要領」が一部改正され、令和2年10 月1 日より異なるワクチンの接種間隔に関する規定が一部緩和され、注射の生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなります。

ただし、同一のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔は、従来どおり、ワクチン毎に決められていますので、ご注意ください。

◆変更後の接種間隔のイメージ図

接種間隔

出典:第36回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会資料

お問い合わせ先

保健福祉課

電話番号:0778-47-8007 ファックス:0778-47-3605

メール:hoken@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)