風水害に備えよう

最終更新日:2013年3月8日 ページ番号:01256

風水害に備えよう

概要

台風や大雨の場合は、ある程度の予測ができます。早めに対策をたてましょう。

内容

台風

毎年多数の台風が接近または上陸し、強風と大雨によりたびたび大きな被害に遭っています。台風情報に注意して被害が出ないように備えましょう。

  • 風と被害の大きさ
風速10m/s かさがさせない
風速15m/s 看板やトタン板が飛び始める
風速20m/s 小枝が折れる
風速25m/s 瓦が飛び、テレビアンテナが倒れる
風速30m/s 雨戸がはずれ、家が倒れることも

集中豪雨

集中豪雨は、短期間のうちに狭い地域に集中して降る豪雨のことで、梅雨の終わりごろによく起こります。狭い地域に限られ突発的に降るため、予測が難しく、河川の氾濫や土砂崩れ、崖崩れなどによる大きな被害が予想されます。気象情報などに十分注意し万全の対策をとるようにしましょう。

  • 1時間の雨量と災害発生予測
10ミリから20ミリ 長く続く場合は注意が必要
20ミリから30ミリ 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れ
30ミリから50ミリ 山崩れ、崖崩れが起きやすくなる
50ミリから80ミリ マンホールから水が噴出
土石流が起こりやすい
80ミリ以上 大規模な災害が発生
厳重な警戒が必要

お問い合わせ先

防災安全室

電話番号:0778-47-8016 ファックス:0778-47-3261

メール:bousai@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)