特定不妊治療費助成事業のご案内

最終更新日:2021年4月1日 ページ番号:02953

特定不妊治療を受ける夫婦の経済的な負担の軽減のため、その治療にかかる費用の一部を助成します。

対象となる治療

○福井県特定不妊治療費助成実施要綱で知事が定める指定医療機関において受けた治療 

 1特定不妊治療-体外受精及び顕微授精(凍結胚移植を含む)

 2男性不妊治療-特定不妊治療のうち精子を精巣または精巣上体から採取するための手術

 ・知事が定める指定医療機関は随時更新されています。福井県のホームページ(新しい

  ウィンドウが開きます)でご確認ください。

対象にならない治療

○夫婦以外の第三者から精子、卵子または胚の提供を受けた治療

○代理母による不妊治療

○借り腹による不妊治療

申請ができる人

○南越前町に1年以上居住し、戸籍法上の届出をしてある夫婦又は事実婚の夫婦

○町税を完納していること

○特定不妊治療開始時の妻の年齢が43歳未満の者

助成金額

1 特定不妊治療-1年度当たり60万円上限

2 男性不妊治療-1年度当たり20万円上限(申請上限回数1回/年)

助成金額は、治療費相当額から県の不妊治療助成費を差し引いた額で審査します。

申請の手続きの方法は?

特定不妊治療が終了した日の属する年度内に、必要書類と申請者名義の通帳・印鑑を持参して保健福祉課に申請してください。

特定不妊治療の流れや申請の手続き方法について、詳しくはこちらをご参照ください。特定不妊治療助成の流れ(PDF形式 383キロバイト)

必要書類

様式第1号特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(PDF形式 182キロバイト)

特定不妊治療指定医療機関受診等証明書(PDF形式 185キロバイト)

様式第3号精巣内精子採取術受診等証明書(PDF形式 130キロバイト)

○特定不妊治療費を受けた医療機関発行の領収書

○福井県特定不妊治療費助成承認決定通知書※県助成対象の場合

○夫婦の完納証明書(町税の未納が無い旨を証明するもの)

〇夫婦の戸籍謄本(事実婚の場合は、両人の戸籍謄本、住民票、事実婚に関する申立書・意見確認書)※県助成対象の場合不要

添付ファイルのダウンロード

特定不妊治療費助成事業について(PDF形式 171キロバイト)

特定不妊治療助成の流れ(PDF形式 383キロバイト)

様式第1号特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(PDF形式 182キロバイト)

特定不妊治療指定医療機関受診等証明書(PDF形式 185キロバイト)

様式第3号精巣内精子採取術受診等証明書(PDF形式 130キロバイト)

様式第5号事実婚関係に関する申立書・意向確認書(PDF形式 76キロバイト)

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

お問い合わせ先

保健福祉課

電話番号:0778-47-8007 ファックス:0778-47-3605

メール:hoken@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)