地震から身を守ろう

最終更新日:2013年3月11日 ページ番号:01255

 

地震の心得10か条

  • まずわが身の安全

何よりも大切なのは命。けがをしたら火の始末や非難行動にも支障が。自分の安全を第一に。

  • すばやく火の始末

日頃から習慣づけを。地震が起きたらまずガスコンロやストーブなどの火を確実に消すこと。

  • 戸を開けて非常脱出口を確保

特に鉄筋コンクリートの建物は閉めたままだと建物がゆがみ、出入口が開かなくなることがある。

  • 火がでたらまず消火

炎が天井に燃え移る前なら初期消火が可能。隣近所にも協力を求め、あわてずに消火を。消火用具の備えを忘れずに。

  • あわてて戸外に飛び出すな

あわてずに落ち着いて。ガラス・看板などの落下に注意する。

  • 狭い路地、塀に近づかない

ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので要注意。

  • 山崩れ、崖崩れに注意

ラジオやテレビで正しい情報を入手する。自分の地域の環境をよく知っておく。

  • 避難は徒歩で、荷物は最小限に

決められた避難場所に。決められた経路を、できるだけ集団で歩いて避難を。荷物は最小限に。

  • 協力し合って応急救護

負傷者が多数出ると病院での手当てにも限界が。互いに声をかけ、みんなで助け合う。

  • 正しい情報、的確な行動

事実はひとつ。噂やデマに振りまわされない。ラジオやテレビで正しい情報を聞き、的確な行動を。

 

お問い合わせ先

防災安全室

電話番号:0778-47-8016 ファックス:0778-47-3261

メール:bousai@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)