令和元年度の軽自動車税の税制改正について

最終更新日:2019年10月1日 ページ番号:01872

環境性能割の創設 

 税制改正により、令和元年10月1日から自動車取得税が廃止し、軽自動車税に新たに「環境性能割」が創設されます。現行の軽自動車税は「種別割」へと名称が変わります。

 軽自動車税は、「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることになります。

【環境性能割】(令和元年10月1日より創設されます。)

 環境性能割は、令和元年10月1日以降の自動車及び軽自動車の取得に対して適用され、新車及び中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して課税されます。

軽自動車 (3輪以上)の車種区分

税率(%)

電気自動車等

自家用

非課税

営業用

非課税

★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車

★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車

自家用

非課税

営業用

非課税

★★★★かつ2020年度燃費基準達成車

自家用

1.0%

営業用

0.5%

★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車

自家用

2.0%

営業用

1.0%

上記以外の軽自動車

自家用

2.0%

営業用

2.0%

    ※ 電気自動車等とは、電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排ガス規

     制適合又は平成21年排ガス規制10%以上低減達成)のことです。

    ※ 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用の軽自

     動車については、環境性能割の税率が1%軽減されます。

グリーン化特例(軽課)の延長

 消費税率10%引き上げに配慮し、現行制度を2年間(令和2年度まで)延長します。

 令和元年4月1日から令和3年3月31日の間に初年度検査を受けた四輪以上及び三輪の軽自動車のうち、一定の燃費基準を満たした車両について、軽自動車税が軽減されます。

 なお、令和3年4月1日以降に新車新規登録等を受ける軽自動車に対する種別割のグリーン化特例の適用対象は、自家用の軽電気自動車、軽天然ガス自動車に限定されます。

車種区分 税率

電気自動車

天然ガス車※1

ガソリン車

ハイブリッド車※2

ガソリン車

ハイブリッド車※3

軽自動車 三輪  1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用自家用  2,700円

5,400円

8,100円
乗用営業用  1,800円 3,500円 5,200円
貨物自家用  1,300円 2,500円 3,800円
貨物営業用  1,000円 1,900円 2,900円

※1 平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制10%以上低減

※2 乗用:2020年度燃費基準+30%達成車  貨物:2015年度燃費基準+35%達成車
※3 乗用:2020年度燃費基準+10%達成車  貨物:2015年度燃費基準+15%達成車

グリーン化特例(重課)の2年間延長

<四輪以上及び三輪の軽自動車>

1.平成27年3月31日以前に取得されている車両及び新車新規登録済みの車両については、旧税率が適用されます。

2.平成27年4月1日以後に新車新規登録される車両は新税率が適用されます。

3.平成28年4月1日以後、賦課期日(毎年4月1日)現在に、最初の新規検査(車両製造時の初度検査)から13年を経過した三輪及び四輪車等については、重課税率が適用されるようになりました。ただし、電気自動車、被牽引車等は重課税率の適用対象外です。
 なお、令和元年度は、平成18年3月までに初度検査を受けている車両が重課税率の対象となります。

車種区分

税率(年額)

1.旧税率

2.新税率

3.重課税率

(平成28年度

より適用)

軽自動車

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

四輪貨物

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

専ら雪上を走行するもの

2,400円

3,000円

お問い合わせ先

町民税務課 税業務担当

電話番号:0778-47-8014 ファックス:0778-47-3042

メール:tyouzei@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)