令和6年度(令和5年分)町民税・県民税の申告及び確定申告相談について

最終更新日:2024年2月2日 ページ番号:03485

申告相談案内

【南越前町役場】令和6年2月16日(金曜日)~令和6年3月15日(金曜日) 

【今庄事務所】 令和6年2月16日(金曜日)~令和6年3月15日(金曜日) 期間中の月曜日と木曜日のみ

【河野事務所】 令和6年2月16日(金曜日)~令和6年3月15日(金曜日) 期間中の火曜日と金曜日のみ

※土、日、祝日を除く

受付時間

3カ所とも午前9時から正午、午後1時から午後4時

会場

・南越前町役場

・南越前町役場今庄事務所(月曜日、木曜日のみ)

・南越前町役場河野事務所(火曜日、金曜日のみ)

町民税・県民税の申告について

町民税・県民税や国民健康保険税、介護保険料等の算定の基礎となりますので、お早めに申告してください。

なお、所得税の確定申告をされる方は、町民税・県民税の申告は必要ありません。確定申告は町民税・県民税の申告を兼ねています。

町民税・県民税の申告が必要な方

令和6年1月1日現在、南越前町に住所がある方は、前年中に収入がない方でも町民税・県民税の申告が必要です。

【主に年金収入がある場合】

年金以外に他の所得(営業・農業・不動産・雑所得など)があり、確定申告をする必要がない方

【主に給与収入がある場合】

給与支払報告書が勤務先から南越前町に提出されていない方

給与以外に他の所得(営業・農業・不動産・雑所得など)があり、確定申告をする必要がない方

町民税・県民税の申告が必要ない方

・ 所得税の確定申告をした方

・給与収入のみ、または公的年金収入のみの方で、支払者から支払報告書が提出されている場合

・ 無所得、無収入で被扶養者(税金上の扶養にとられている方)

副収入のあった方は必ず町民税・県民税の申告を!

所得税では、給与所得、退職所得以外の所得が20万円以下の場合または、公的年金等の収入が400万円以下でかつ、公的年金等以外の所得が20万円以下である場合などには、確定申告が不要とされています。(所得税の還付を受ける場合には必要)しかし、町民税・県民税にはこのような制度がなく、他の所得と合算して税額を算出しますので、給与所得者や年金所得者で副収入があった方は、収入の額にかかわらず町民税・県民税の申告が必要です。

【副収入の例】 営業、農業、定置網組合の配当、地代、家賃、講師謝礼、報酬、シルバー人材センターの配分金、個人年金など

所得税の確定申告が必要な方

営業や不動産収入などから所得税が発生する方

医療費控除、社会保険料控除、扶養控除、障害者控除、住宅借入金等特別控除などの各種控除を受けようとする方

【主に年金収入がある場合】

・年金収入が400万円を超える方

・年金以外に20万円を超える他の所得(給与・営業・農業・不動産・雑所得など)があった方

【主に給与収入がある場合】

・給与収入額が2,000万円を超えている方

・2カ所以上からの給与がある方

・給与(年末調整済み)以外に20万円を超える所得があった方

・扶養や社会保険料控除などで年末調整の内容に追加・変更がある方

申告相談の際には下記のものをお持ちください(主なもの)

□税務署からのお知らせが届いている方はその通知(ハガキまたは通知書)

□給与や公的年金等の源泉徴収票、報酬などの支払報告書

□営業や農業、不動産の収支内訳書など所得計算に必要なもの

※収支内訳書の記入を事前にお願いします。

□社会保険料、生命保険料、地震保険料などの支払証明書、国民年金保険料控除証明書など

□医療費控除の明細書(医療費控除を受ける方)

※受診した人および医療機関ごとに分けて、事前に記入をお願いします。

□寄附金の領収書または受領書(寄附金控除を受ける方)

※ふるさと納税で「ワンストップ特例」を申請された方も、申告をする場合は添付が必要です。

□申告者本人の金融機関の口座番号などが分かるもの(所得税の還付申告をする方)

□マイナンバーカードなどの本人確認書類(申告者本人および扶養親族、事業専従者)

※マイナンバーカードをお持ちの方→マイナンバーカード

※マイナンバーカードをお持ちでない方→マイナンバー通知カード+運転免許証など

※「通知カード」については、令和2年5月25日に廃止されていますが、通知カードに記載された氏名・住所などが住民票に記載されている内容と一致しているものに限り利用できます。

医療費控除は明細書の添付が必須となっています

医療費控除・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)のいずれかの適用を受ける方は、申告書提出の際、領収書の代わりに「医療費控除の明細書」、もしくは「セルフメディケーション税制の明細書」の添付が必須となっていますので、控除を受けられる方は必ず明細書を作成し、申告書に添付してください。

「医療費控除の明細書」は国税庁ホームページからダウンロードできます。

申告会場では「医療費控除の明細書」の代行作成はできませんので、必ず事前に作成をお願いします。

下記内容の申告は武生税務署でお願いします

・青色申告

・土地や建物、株などの譲渡所得

・株の売買、先物取引、仮想通貨の申告

・災害などで雑損控除を受ける方

・1年目の住宅借入金等特別控除

・令和4年分以前の確定申告

・亡くなった方の確定申告

※その他、申告の内容によっては武生税務署での申告をお願いする場合があります。

武生税務署(福井県越前市中央1丁目6-12)

令和6年2月16日(金曜日)~令和6年3月15日(金曜日)※平日のみ

午前8時30分~午後4時

※申告相談は午前9時から開始となります。

※入場整理券がなくなり次第受付を終了します。

問合せ先

武生税務署 0778-22-0890(自動音声案内)

町民税務課 0778-47-8014

今庄事務所 0778-45-1111

河野事務所 0778-48-2111

お問い合わせ先

町民税務課 税業務担当

電話番号:0778-47-8014 ファックス:0778-47-3042
メール:tyouzei@town.minamiechizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

表示切替